[トラリピ復帰]8/13~8/16トラリピ週間収支(+7410円)


※免責事項(留意事項)
「トラリピ」は取引きの利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。

f:id:FX_Nuko:20190408204802j:plain

 タイトルにもあるように、トラリピ復帰」しました。

 本当は、日足レベルで上昇トレンドを確認後、前回の設定と同じ設定でトラリピ復帰する予定でした。

 ところが、連休期間中にいろいろと刺激を受ける機会があり、自分の設定を見直した結果、トラップ本数を減らし、トラップ幅も広げてトラリピを再稼働することにしました。

 

 以下に、言い訳がましくトラリピを停止させた理由と再稼働させた理由を書き連ねてみますね(*´з`)

 今回は、私の失敗について記事にすることで、戒めにしたいと思っていますのでお付き合い下さい(>_<)

 

 そもそも、トラリピで年利20%を目指す為に、私は少し尖った設定にしようと思っていたので、資金効率を上げる為、想定レンジと想定レンジの中央付近(コアレンジ)に分けてトラリピを仕掛けていました

 これにより、通常、想定レンジの上限や下限に相場が変動することは少ない為、想定レンジに均等にトラップを仕掛けるよりは、コアレンジを仕掛けることで資金効率が上がります。

 ただし、コアレンジを抜けなければという前提条件の下です。

 また、より資金効率を上げるため、通貨ペアも変動幅の比較的大きいユーロ円と為替レートが低めで変動幅もそれなりにある豪ドル円の2つに絞ることにしました。

 これについては問題はないと思っています。

 では、なぜ今回設定の見直しになったのかというと、それは想定レンジで稼働させていたトラリピとコアレンジで稼働させていたトラリピの比率と私の相場感の見誤りです。

 私は、今年の2月からトラリピを始めていますが、少なくとも、あと1年の間はコアレンジを抜けないだろうと月足と変動幅を見ながらコアレンジを設定し、想定レンジと1:1の配分でコアレンジのトラリピを仕掛けていたのでちょっとポジションを持ちすぎました。

 もともと年末には、コアレンジを再設定するつもりでいたのですが、予想より早く円高が進行してしまいました。

 トラリピは放置運用が基本スタイルなのですが、わずか半年で自分の想定していたコアレンジの下限に到達してしまい、もしかしたら、今後、想定レンジの下限にも達してしまうのではないかと不安になってしまいました。

 裁量でもそうですが、メンタルが崩れるとトレードルールが守れなくなってしまい、ポジポジ病や損切り貧乏、いつもと違うテクニカルを持ち出しては理由付けをしてしまうといった悪循環に私は陥りがちなので、トラリピについても一度、考え直すことにしました。

 そこで、以前にも記事にした通り、当初は、一旦、トラリピを停止し、ロスカットを過去最低値より下げて、相場が反転するのを待ち、トレンドが発生したタイミングで再度トラリピを稼働させるつもりでした

 これはこれで状況を打開する案としては、悪くないと思っていますが、放置運用が基本と言いながら、相場を見ながらトラリピの稼働・停止をしているようでは、そもそも設定が間違っているのではないかと思い直すようになってきました。

 こういった運用方法であれば、トラリピでなくともループイフダンやiサイクル注文などでも良いですし、むしろスプレッドなどの面では、それらの方が条件が良いかも知れません。

 ということで、放置運用のトラリピに立ち返ろうと思い、トラリピを再稼働することにしたのですが、以前よりもトラップ本数を減らし、トラップ幅も広げていますが、その分、通貨ペアを増やしています。

 また利確幅は以前と同じで、トレール決済も有りに設定しています。

 設定は、以下のとおりです。

f:id:FX_Nuko:20190816204256j:plain

 資金の目安は500万くらいです。
 残りの500万は未決済ポジションの含み損が増えた時用に残して置かなくてはならないので。
 この辺りに失敗感が出てますよね…(。-`ω-)ハズカシィ

 一応、未決済ポジションがあるので、ユーロ円、豪ドル円 を中心に5通貨ペアを運用しています。

 通貨ペアを増やすことで多少のリスク分散効果はあるかも知れませんが、このくらいではあまりリスクヘッジにはなっていません。

 トラリピにおける一番のリスクヘッジは通貨ペアを分散させるよりも証拠金維持率を高く保つことです。

 トラリピはロスカットさえされなければ、勝率100%の無限ナンピンです。

 また、すくみについて気にされる方もいるかも知れませんが私は効果が薄いと考えています。

 それは、簡単にいうと完全にすくみの関係を保とうと思うと両建て運用しなければならないからです。

 なので、ハーフ&ハーフで運用するのが証拠金の圧縮には一番良いと思っています。

 今回の設定変更で、これまでのコアレンジで持っていたポジションの含み損を抱えながらのトラリピ運用となります。

 以前よりは、資金効率は落ちてしまうので、収支報告は毎日できないかも知れませんが、なるべくその都度報告していこうと思っています。

 また、当分年利20%を狙うこともできませんが、まずは広いレンジでのトラリピ運用が安定してから順次トラリピを追加していき、最終的に年利20%を目標に運用していきたいと思います。

 最初からちょっと飛ばしすぎてしまったので、長期運用ということを忘れずに、じっくりトラリピで利益を積み増していきたいです。

 とりあえずの目標は円高局面を乗り切り、未決済ポジションを解消することですね(*^^)v

 それでは、残りのお休みを満喫したいと思います♪

 

 

マネースクエア

 トラリピに興味のある方、実際に口座開設して資産運用したい方は、記事内のバナーからどうぞ。

 キャンペーンも実施中です。

マネースクエア