[トラリピ解除]8/5トラリピ収支報告(+2347円)

f:id:FX_Nuko:20190408204748j:plain

8/5トラリピ収支報告

 

[通貨ペア]

     ユーロ円

      利 確         3回

          +2347円

保有ポジション  11.9万通貨

     評価損益    -370422

 

[通貨ペア]

     豪ドル円

      利 確                0回

保有ポジション   23.3万通貨

     評価損益     -922155

 

 利確3回+2347円でしたー

 

 先週ブログで記事にしていた通り、一旦トラリピを解除しました。

 

 正確には、ユーロ円はトラリピすべて解除。

 豪ドル円は、想定レンジ(60-100円、80円中央値のハーフ&ハーフ)のトラリピを解除し、コアレンジ(72-87円、80円中央値のハーフ&ハーフ)は稼働させたままです。

 これで基本的にはポジションが増えることはありません。

 

 で、結局トラリピを辞めるのかってことなのですが、辞める気はサラサラありません(*^^)v

 

 ただ、自分の想定を予想より早く超えてきたことで、一旦リスク回避する必要があるだろうと判断しました。

 トラリピを始めてまだ半年なので長い長い長期投資を考えれば無理をする場面ではないということです。

 

 そうは言っても、まだ月足のサポートでのもみ合いで、想定レンジの下限も豪ドルは60円、ユーロ円は100円ちょっとなので、慌てる必要もないのですが、先の見通しを考えたときに、相場が反転するよりも、しばらくは下げるだろうという勝手な私の予想もあり、であれば、対処は早い方が良いだろうということです。

 私は小心者なので、ズルズルいって危ない目に遭うのが怖いんです(*´з`)b

 

 今後についてですが、トラリピを停止し、自動決済されなくなったポジションは、手動又は指値で含み益が出た時に解消していきポジションを減らしていきます。

 

 トラリピの再稼働については、日足レベルで上昇トレンドが発生した時に再開しようと思っています。

 これがいつになるのかはちょっと想像しづらいですね。 

 というのは、米の追加利下げも9月頃にありそうな状況ですので、それまでは様子見でしょうし、そもそも米中貿易摩擦が解消されないことには、豪ドルは沈んだままの可能性が高いです。

 豪は貿易において中国経済に依存しているので…

 欧州中央銀行(ECB)も、世界経済はしばらくは低迷が続くとの見通しを示していますし、英のEU離脱問題もまだ残っています。

 ということで、無理をせず、一旦リスク回避です♪

 

 ブログについてですが、しばらくは当然利確なんてほぼないので、定期的に報告材料があったときだけ記事を書いていこうと思います。

 

 せっかく始めたトラリピを停止したことは残念ですが、かといって設定が間違っていたかと言われると、実はそこまで間違っていたとも思っていません。

 つまり、想定範囲をもっと広く取っていれば、当然トラリピの稼働を止めずに済む訳ですが、そうなると資金効率は必ず落ちるので、今回のように相場の状況を見て稼働を停止し、相場反転でトレンドにのる形でトラリピ再開もありなのではと思っています。

 ある程度、踏み込んだ設定でないと年利20%は無理なのですが、とはいえ、実際問題、半年でトラリピを停止したことは事実なので、自分の想定が甘かったことは反省しています(>_<)

 ただ、損をした訳ではないので、焦らずじっくりチャンスを待ちたいと思います。

 あとは、運用実績のカテゴリーを最近更新サボっていたので、今度更新しておきますね。

 

 それでは、毎日の収支報告はしばらくお休みしますが、定期的に記事は書きますし、裁量は相変わらずスイング中心で稼いでいくつもりなので、今後ともよろしくお願い致します。

 今日も1日お疲れ様でしたー

 

 

マネースクエア

 トラリピに興味のある方、実際に口座開設して資産運用したい方は、記事内のバナーからどうぞ。

 トラリピは放置運用で年利10%も狙えますし、何よりFXや相場の知識も経験もあまり関係ないので、銀行に預けておくよりはおススメです。
 今ならキャンペーンも実施中です。 

マネースクエア