[今日は物申す?]6/21トラリピ収支報告(利確なし)

f:id:FX_Nuko:20190408204748j:plain

6/21トラリピ収支報告

 

[通貨ペア]

     ユーロ円

      利 確         0回

保有ポジション    7.0万通貨

     評価損益    -129255円

 

[通貨ペア]

     豪ドル円

      利 確               0回

保有ポジション   16.7万通貨

     評価損益    -428912円

 

 今日は少しばかり私のトラリピについての私見を書きます。

 あくまで私見なので、宜しくお願いします(>_<)

 実は、Twitterでちょっと気になるツイートを見かけまして、内容を要約すると、

 

 ・某ブロガーさん企画のトラリピの含み損が多くなっ

  きた。良くない意味で。

 ・参加者が損しようと自己責任として切り捨てられるだ

  けだろう

 ・結局、トラリピでお金儲けはできない。

 

 このような内容だったと思います。

 もちろん、ツイート内容が良いとか悪いとかって話ではなく、私なりの思いを書き綴ってみたいと思います。

 

 まず、一つ目の

 「某ブロガーさん企画のトラリピの含み損が多くなってきた。(良くない意味で)」

についてですが、トラリピの設定について、どうこういうつもりもありませんし、確認もしていませんが、もし、ドル円やクロス円の通貨ペアの場合、両建てでなければ今の円高基調だと買い下がる一方なので、含み損が増えていくのは当然です。

 トラリピは、他のトラッキングトレードと違い、基本的に相場を予想するトレード手法ではありません。

 と私は勝手に思っています(>_<)

 つまり、他のトラッキングトレードはある程度相場を予想し、順張りで仕掛けていくので、裁量要素を含みますが、トラリピは、レンジを予想するくらいで、最初にレンジとトラップ本数、トラップ幅、利確幅を設定したら基本的に放置になります。

 詳しくはこちらの記事を参照して下さい。


 ということで、仮に企画のトラリピの含み損が多くなってきたとしても、最初に設定したレンジ内であれば問題ありません。

 もし、想定したレンジ内なのに証拠金維持率が低すぎるという場合には、元々の計画が破綻しています。

 既に想定レンジを抜けていて、レンジ抜けした際の対応策を考えていなかった場合には、これも明らかな失敗ですね。

    ちなみにレンジ抜けしたら戻るまで放置するのも立派な対策の一つだと思います。

 トラリピは、資金量が多ければ多いほど有利な手法なのですが、資金が少ない場合には、どうしても無理にレンジ幅やトラップ幅を狭めてしまいがちです。

 つまりレンジを広く取ると安全にはなります(ロスカットされにくくなります)が、資金が少ないとトラップ幅がかなり広くなり、稼げなくなるので、レンジを狭めてトラップ幅も狭くしたくなってしまう訳ですね。

 今回の企画がどのような設定だったのかは私は分かりませんが、トラリピは最初の設定がとても重要なので、注意が必要です。

 もちろん、後から修正できなくもないですが...

 結論として、含み損が増えているのは事実だと思うのですが、問題はそれが想定される範囲内であったか否かです。

 想定内であれば何も問題ないと思います。

 

 次に、2つ目の

 「参加者が損しようと自己責任として切り捨てられるだけだろう。」

 という指摘についてですが、切り捨てるという表現が正しいのかどうかは分かりませんが、自己責任であることは間違いないと思います。

 企画といってもブロガーさんの善意で設定公開されているものだと思いますし、損しても得をしても自己責任というのは曲げようのない事実です。

 

 最後に3つ目

 「結局、トラリピでお金儲けはできない。」

 これは、安易に決めつけて欲しくないところです。

 私もブログで、「〇〇円儲かりましたー」とか「利確ありませんでしたー」と収支報告していますが、正直、毎日の収支はどうでも良いのです。

 もちろん、利確して嬉しいのは当たり前なのですが、トラリピは、そもそも毎日の収支に一喜一憂する投資手法ではないと思っています。

 リスクはあるけれども、銀行に預けておくよりは遥かに高利回り...ぐらいの感覚でしょうか。

 向こう10年、20年と経った時に、その利回りの良さを実感できれば良いというぐらいに考えておいた方が良い気がします。

 バリバリと稼ぎたいと思う方は、裁量トレードをするべきです。

 放置運用で「打ち出の小槌」のようにザクザクと資産が増えることはありません。

 では、トラリピで稼ぐことができないのかというとそうではないと私は思っています。

 トラリピにはトラリピなりの利益率で着実に資金を増やしていくことが大切です。

 長期投資が基本スタイルなので、短期で結果を求めてはいけないですし、相場を予想してレンジを狭くする運用法であれば、裁量トレードをした方が良いと思います。

 だって、相場が読めるのであれば裁量トレードの方が効率が良いのは当然ですよね。

 トラリピは、相場が読めない人(読まなくて良い人)向けであり、あるいは放置運用したい人が運用することで最大のメリットがあるのです。

 そして長期に渡って放置運用するために、レンジを広くとり、レバレッジを掛けすぎないことが一番大切です。

 あまりに少額でのトラリピは稼げないので、3つ目の指摘が少額ではトラリピは稼げないという趣旨であれば、そうなのかも知れません。

 少額でトラリピをやってみたい方はこちらの記事も読んで見て下さい。


 どんな手法にも長所・短所がありますので、一概には言えません。

 大事な資産ですので、自分にあった手法で納得のいく運用方法で投資をするべきです。

 私は、メインは裁量によるトレードで、トラリピは銀行に預けたつもりで放置運用をしています。

 今は円高で含み損ばかりが目立っていますが、放置してお金が増えるので結構気に入っています。

 あとは、暴騰落時のロスカットにだけ注意すれば10年20年後にトラリピをやっていて良かったと思える日も来るのではないかと思っています。

 久々に、熱くなってしまいました。

 投資は計画的に自己責任で行いましょう。

 でも、ニュースなどで年金不足問題などをみると、やはりいかに自分で資産形成していくかが改めて重要だと感じています。

 皆さんもそれぞれの投資目標があると思いますので、その目標をいつか達成できるように頑張っていきましょう。

 私もコツコツ頑張ります(*^^)v

 それでは1日お疲れ様でしたー

 

 

マネースクエア

 トラリピに興味のある方、実際に口座開設して資産運用したい方は、記事内のバナーからどうぞ。

 トラリピは放置運用で年利10%も狙えますし、何よりFXや相場の知識も経験もあまり関係ないので、銀行に預けておくよりはおススメです。
 今ならキャンペーンも実施中です。 

マネースクエア