[FX]トラリピ ユーロ円設定公開


※免責事項(留意事項)
「トラリピ」は取引きの利益を保証するものではありません。
投資は自己責任でお願いします。

[トラリピ]ユーロ円設定公開

 

 2019年2月現在、運用中のユーロ円設定についてです。

 いつも通り、半分は自分用のメモとなりますのでお手柔らかにお願いします。

 

 百聞は一見に如かずということで、設定は次の通りです。

f:id:FX_Nuko:20190302114026j:plain

 見たままですが、私は想定レンジを100円~150円に設定しています。

 証拠金は、250万円程で設定しています。

 この設定のポイントについてですが、

 ①ハーフ&ハーフを利用

 証拠金の圧縮には、ハーフ&ハーフが一番です。両建ては稼げますが、必要証拠金が大きくなるので、あまりおすすめしません。

 マネースクエアのHPでもハーフ&ハーフのメリットについて記載がありますので、そちらも確認してみて下さい。

 ②想定レンジ中央に相場が寄る程、トラップにかかりやすい設定

 トラリピを2つ稼働させ、ハーフ&ハーフの中央値をずらすことで、想定レンジの中央では、0.2円幅の両建て。中央値から±5~15円乖離したレンジでは、0.1円幅のトラップ、±15~25円乖離したレンジでは、0.2円幅のトラップになるように設定しています。

 このようにトラップをグラデーションのように偏重させることで資金効率を上げようという訳です。

 以上、簡単な説明ですが、トラリピ自体が簡単な設定でリスク管理がしやすいツールなので(*´з`)b

 

 追記

 2つのトラリピ中央値をずらすことについてですが、資金が足りている場合には必要ないと思います。

 つまり、十分な資金のある方は、100円~125円と125円~150円の間に、0.1円幅の

トラップを設定した方が良いと思います。もっと資金がある方は、以下略…

 将来、相場が中央値から乖離する可能性は十分にあるので、その際に私の設定だとトラップ幅が0.2円幅なので、資金効率が悪くなります。

 また、相場が125円になった時に、含み損がほぼ0になるのが、ハーフ&ハーフのメリットなので、その時点でトラリピの出口と考え、含み損無しに設定を変更することができます。そのメリットを最大限生かすには、私の設定ではなくシンプルな設定が一番良いと思います。

 私が、中央値をずらして設定しているのは、少ない証拠金で自分の想定レンジをカバーしたいがゆえで、結果として中央値付近で両建てになっているという訳です。

 かといって、長期運用なので想定レンジを狭くする運用はあまり考えたくないところですよね。

 運用を開始した2019年2月現在、ユーロ円が125円付近にいることから、想定レンジの中央にトラップが厚くなるこの設定の方が、証拠金が抑えられて、資金効率も良いだろうと考えていた訳です。